feeling word

tp

delete unwanted programs

 

 

 

ワインの効果でぼんやりとした意識

 

何も考えずに眠りの世界に入った

 

・・・

 

ふと気づくと君が

 

私の横に立っている

 

君は私の目を見つめながら

 

側にある非常階段の扉を無言で開けた

 

「ついておいでよ」と言っているような気がして

 

君の後を追いかけてみた

 

するとそこは

 

月あかりだけに照らされた

 

柔らかな暗闇と砂山の世界

 

 – 君と 私と 月あかり なんだか うれしい –

 

そう感じていることに気づきながら

 

歩きにくい足元の感触に笑みがこぼれる

 

「最近なにもかもがつまらないんだ」

 

君はわたしにそう言った

 

 – 私はあなたを 愛していますよ ずっと前から –

 

そう言いたかったけれど言葉にできず

 

何を伝えると君を元気付けられるかを考えながら

 

君の為に選んだ言葉をいくつか発してみた

 

けれども君は不機嫌そうな顔

 

私なんかよりもずっと

 

君は全てを見抜くのが上手だった事を思い出した

 

 – 君は 私を 心配してくれているんだ –

 

そう気づいたら全ての力が抜けていった

 

ふんわりとしている

 

ふんわりと君の見えない何かに包まれている

 

 – 君は どうして そうしてくれたの –

 

・・・

 

私たちはどうして

 

あの世界に

 

戻らなければならないのだろう

 

このままずっと

 

この月あかりの下で

 

静かに抱き合っていたい

 

言葉が必要なあの世界には

 

戻りたくないんだ

 

本当は

 

・・・

 

 

 

 

 

 

LINK:tomoko maruo feeling word

maru.marumaru.jp